リサーチ

リサーチ後、参入判断に必要なこと

こんばんは。堀 智行です。

Amazonリサーチにすごい威力を

発揮する在庫チェッカー。

 

ユーザー数が増えすぎるとサーバー

の負荷が高まったりサポートの品質

が落ちるため、普段から無制限に

ユーザーを増やしていません。

だから普段は手に入らないツールと

なっています。

 

それを約8ヶ月ぶりに新規募集を

していますが、それも残りわずか

となりました。

 

そして今日は、新規お申込みで

プレゼントツールが2つもつく日

の最終日です!

 

このチャンスを逃さないように

して下さい!

http://zaikochecker.jp/index_ho.php

 

今日はリサーチで見つけた仕入れ候

補の中から、実際に参入する商品を

決める時のポイントについてお伝え

します。

 

本日のメインコンテンツ

■■リサーチ後、参入判断に必要なこと

Amazonでよく売れている商品は

ASIN Getterを使えばすぐに見つか

りますし、どれだけ売れているのか

在庫チェッカーを使えば個数単位で

分かります。

 

自分の望む売行きの商品を探すのは

ツールを使えばいともかんたんにで

きてしまうので、見つかるかどうか

はツールをきちんと使うかどうかだ

けにかかっていると言ってもいいで

しょう。

 

売れてる商品を見つけるのは意外と

かんたんなので、むしろその先の

ことまで聞きたい方が多いと思いま

す。よく売れてるからってなんでも

仕入れるべきなのか?ということで

す。

 

色々仕入れてみて経験を積むのは

とてもよいことだと思います。

私も色々やってきましたので否定は

しません。

で、いろいろやってみて分かったこ

とは結局は自分の好きなものを売っ

たほうがよかったということです。

 

ビジネスだから遊びじゃないんだか

ら自分のやりたいものにこだわって

たらいけない。

以前はそんな気持ちを持っていまし

た。

 

それは正しい面もあるんですが、

結局好きなものがいいというところ

にたどり着いた理由を説明しますね。

 

もちろんただ自分が好きなだけでは

いけません。顧客から求められてい

るものでなければいけません。

つまりよく売れているものでなけれ

ばなりません。

 

ではよく売れているものの中で自分

が好きなものがいいのはなぜかと言

うと、

 

好きなものなら一般の人よりもその

分野について知識があります。

それに知らないことがあっても調べ

ることも楽しいものです。

だから好きということは強みになり

ます。

 

私を例にしますと、

私は昔から電化製品とか電子機器っ

て好きでした。子供の頃からラジコ

ン作ってましたし、ファミコンとか

パソコンとか好きでした。

自分でパソコン買ったのは大人に

なってからですが、大阪の日本橋に

あるでんでんタウンという街で

電気屋さんを回ったり、裏通りの

怪しげな店でいろいろ面白いもの

売ってるのでそういうの見るのが

好きでした。(怪しい趣味はあり

ませんよ。笑)

 

だから家電系、電子系のことはきっ

と一般の人よりも強いと思います。

こういうことは販売する時に強みに

なります。

例えば今はどういうものが流行って

いるか。どういう使い道があるか。

見た目は同じでもスペックが違うと

使い勝手にどう違いが出るのか。

 

そんな知識を元々持っているか、

少し情報収集すればすぐに身につく

レベルです。

「好き」とはそういうことです。

だから販売する時にも何を販売すれ

ば受けるかが分かりますし、

どうアピールすればよいかも分かる

のです。

 

家電とか電子系が好きでない人に

とっては苦痛でしかないことが

楽しめるというのは強みになります。

 

例えば写真を撮ることが好きな人な

らカメラマンの気持ちが分かります

よね。そういう人はカメラマンが

喜ぶ商品づくりをするのに有利です。

 

ファッションが好きな人は似たよう

な服の中でもおしゃれな服を選ぶこ

とができるでしょうし、

Amazonでは定番が売れる傾向が

ありますから、だれでも安心して着

れる失敗のないオーソドックスな

デザインを選ぶことだってしやすい

はずです。

 

私はファッションが苦手なので、

定番を選べと言われてもどれが定番

なのか分かりません。苦笑

ファッションが好きな人に勝てる

気がしません。

 

だから好きなものを扱うのが強い

のですね。

 

よく売れている商品でも顧客が不満

に思っていることは結構あるもので

す。不満点を満足させる商品が世の

中にはまだ一つもないということが

あります。それはその分野の販売者

が顧客の真のニーズをリサーチでき

ていないからかもしれません。

 

そういうものを見つけたらチャンス

ですよね。そういうものを作ること

が出来れば、顧客からすれば、

まさにこういうものが欲しかったと

いうことになりますから、ヒット商

品の誕生です。

 

きっと顧客の真のニーズをリサーチ

した結果生まれたんだろうなと

思う商品を見つけました。

おもちゃカテゴリで1位の中国商品

です。中国商品が大カテゴリ1位を

取れる証拠ですね。

https://www.amazon.co.jp/dp/B075YVB311

 

子供が喜ぶような体を動かす遊びの

ニーズがあり、でも外で遊べない

現代社会の事情もあり、

家の中で遊ぶと困る事情もあり、

そういうニーズを見事にクリアして

いる商品だと思います。

先ほど書いたように、こういうこと

に気づくのはこの分野が好きな人と

か、子供がいておもちゃに関心が

あるような人の方が有利なのは

言うまでもありません。

 

顧客の真のニーズを調べるかんたん

な方法があります。

それは商品レビューを読み込むとい

うことです。そういうところから

顧客目線が分かり、いろんなアイデ

アが生まれます。

リサーチではライバル商品のレビュ

ーを読み込むことを意識するとよい

でしょう。

 

いいレビューが沢山ついてる商品。

悪いレビューが多い商品。

そういうのは顧客ニーズの宝庫です。

そういう商品をひと目で把握するの

にレビューチェッカーLiteは役立ち

ます。

レビューチェッカーLiteでできること
https://www.youtube.com/watch?v=VFuyYoCPz5Y&feature=youtu.be

 

そして、在庫チェッカーのデータと

結合できるのがこちらです。

ライバルレビューチェックシートでできること
https://www.youtube.com/watch?v=WiBAwmKU0Ic&feature=youtu.be

 

これら2つのツールがプレゼントで

もらえるのは本日4/24までに

在庫チェッカーを新規お申込みされ

た方です。

 

本日の23:59までなのでチャンスを

逃さないで下さいね。

http://zaikochecker.jp/index_ho.php

そして真の顧客ニーズをつかむのに

役立てて下さい!

 

お読みいただきありがとうございました。

堀 智行

 

■編集後記

新しいスタッフのために今日は事務

所の合鍵を作りに行きました。

合鍵やさんで鍵を渡して「合鍵をお

願いします」と言ったら

「978円です」と言われました。

財布からゴソゴソと小銭を取り出し

ているとそのスキに鍵をマシーンに

セットし始めたので、

 

ああ、まずセットして準備するとこ

ろまでできたらお会計してくれるの

かな、と思ってちょっとだけ待って

たんですね。

そしたら1分もしないうちに向き直

って「はい。では1078円お預かり

します」と言って100円のお釣りと

共に合鍵をくれました。

 

えっ?ただ準備してただけじゃなか

ったの?

あの1分もしないうちに合鍵を完成

させていたのです。

いやー、びっくりしましたね〜

よく見れば看板には「最短1分!」

って書いてありました。笑

 

合鍵って1分で作れるんですね〜

プロの業はすごいです。

時給ならぬ、分給1000円。

連続で大量に来たらすごい稼げるな

とか考えてしまいました。笑

 

何事も熟練するのはすばらしいです

ね。私も自分のビジネスをもっと

もっと熟練したいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ブログには書けない記事もメルマガでは配信中!
堀 智行の【在庫チェッカー通信】登録フォームはこちら

<<登録特典>>
今なら『過去に実際に稼げた商品100リスト(5万円相当)を無料プレゼント!

※リストが古くなりすぎないように時々更新しています。
メルマガに登録するとダウンロードURLとパスワードが届きます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-