外注化・時短化

自分の能力ではできないことを実現する方法

こんばんは。堀 智行です。

外注化を始めると、いい外注さんが

定着しないという悩みについて

それを解決するための方法をシリー

ズでお伝えしてきましたが、

 

前回のクリックアンケートで

その続きを聞きたい方が75%。

もういいから他のノウハウを聞きた

いという方が25%という結果になり

ました。

(注記:メルマガ配信時と同じ表現をそのまま転載しています)

 

外注化への関心は高いのですが、

もういいと言っている方が4分の1

となりましたので、

外注化のシリーズはひとまずこの

号で終了といたします。

次回からは売上に直結するネタに

切り替えますね。

 

さて、気を取り直して今回も

お届けしますよ。

 

コミュニケーション力は外注化に

とても大切ですが、本当に大きな結

果を出すためにはもっと大切なこと

があります。

 

コミュニケーション能力を上げるよ

りもある意味高度なことなんですが、

これができるようになるとあなたの

ビジネスは一気に加速します。

 

今日お伝えすることはそれほど違い

の出ることです。

 

大きな結果を出している人は

意識的か無意識的かの違いはあれど

みなやっていることでもあります。

 

本日のメインコンテンツ

■■自分の能力ではできないことを実現する方法

学校の勉強とビジネスを比べると

決定的に大きな違いが一つあります。

何だと思いますか?

 

学校のテストで絶対にしてはいけな

いことは何かと言うと、、、

 

カンニングですよね。。。

 

テストは自分の力だけでやらなけれ

ばならず、周りの人の力を借りては

いけません。それをしたら不正とい

うことになっています。

 

ところがそれがビジネスとなると

全然事情が変わります。

自分一人でできないことでも

得意な人を連れてきて協力してもら

うことがOKな世界です。

 

リサーチが苦手ならリサーチの得意

な人。デザインが苦手ならデザイン

の得意な人。

そういう人を見つけて協力してもら

うのがありなのです。

 

これ、ものすごいことだと思いませ

んか?

 

学校の勉強のように自分の能力だけ

でやらなければならないとすれば

難しいことは何もできないと感じて

しまいますが、

 

できないことはできる人を探せばい

いということになると、

理論上、あなたは何でもできるとい

うことです。

 

本当になんでもできるんです!

だってできる人の力を借りても

いいんですからね。

できることは無限大です。

 

私が運営するオートマ通販スクール

のスクール生たちはそのことを体験

してもらっているのですが、

その一つが中国現地に仕入れに行く

ということでした。

 

参加者のほとんどは現地仕入れ

初体験という方だったんです。

 

中国語は話せないし読めない。

市場にも行ったことがない。

中国の地下鉄にもタクシーにも乗っ

たことがない。

 

そういうスキルの人が一度ツアーに

参加しただけで、今後ツアーに参加

しなくても自分一人だけで自由に

現地仕入れができるスキルを身に

着けていただきました。

 

それがまさに人の力を借りるという

ことでして、現地通訳をうまく調達

できれば、そのぐらいのことは

かんたんにできてしまいます。

(もちろん通訳以外のノウハウも

しっかり教えてますよ)

 

スクール生の中には最初の仕入れツ

アー後に、早速自分一人で仕入れに

でかけた方もいて、だいぶ中国に

慣れてきましたと、嬉しい報告を

してくれました。

 

このように自分一人の能力だけでは

到底ムリなことを実現できてしまう

のが他人の力を借りるということで

す。

 

ではどうすれば自分よりも能力のあ

る人に協力してもらえるのかという

と、前回お伝えしたコミュニケーシ

ョンの応用形といいますか、

発展形のようなことです。

 

■自分の夢に周りを巻き込む

自分のやりたいこと、実現したいこ

とに協力してくれる優秀な仲間を

集めること。

そのスキルがものすごく大切です。

 

外注化を始めることはその第一歩な

のですが、単にお仕事を作業単価で

外注するという枠を超えて、

一つの同じ目標に向かって協力して

くれる仲間たちを増やしていく。

 

つまり自分の夢に周りを巻き込んで

しまうということなんです。

 

それは報酬とか働きやすさのような

条件だけでのお付き合いではなく、

もっと高い次元での共感が必要です。

 

同じ目標を達成したい。

この人のために働きたい。

そうすることが楽しい。

 

そんなふうに感じてもらえれば

非常に頼もしい仲間になってくれる

でしょう。

 

そのために必要なことを一言で表す

とすれば、

「魅力ある人になる」

ということです。

 

そんなに難しく考える必要はありま

せん。芸能人のような魅力やカリス

マ性をイメージしなくてもよいです。

私が言いたいのは普通の能力の人で

も意識すればできることです。

 

例えばビジネスモデルを考えるのが

得意な人であれば、魅力的なモデル

を作ってワクワクする話をすれば

共感してくれる人にとってはもう

立派な魅力ある人です。

 

あるいは最新の情報をネットの検索

だけでなくいろんな人脈を通じて

集めたり、自分で試してみたりして、

常に最新情報をもっている人も魅力

的な人です。

 

また、人への気遣いがよくできる人

も魅力があります。働くスタッフに

とって家庭の事情とか、得意なこと

やそうでないこととか、抱えている

問題とか、いろんなことが話しやす

くて理解してもらえるというのは

嬉しいものです。

人間だれしも理解されたいという

ニーズがありますから、それを徹底

的にしてくれる人はとても魅力的な

人です。

 

「人に喜ばれることは何か?」

特別な能力がなくてもそれを意識す

るだけで魅力的な人になることは

できます。

 

外注さんを単に安い労働力とだけ

考えるのではなく、自分の夢を共に

実現してくれるパートナーと考える

ことが大切なのです。

大切なパートナーならお互いに

Win-Winになることが大切ですし、

コミュニケーションもしっかりとり

たいですし、相手のことを大事に

することですね。

 

そうすれば相手も自分のことを大事

にしてくれます。

 

なんだか道徳の授業みたいになって

しまいましたが、成功している経営

者の方とお会いするとほとんどの場

合、人を大切にしている方が多いで

すので、

やっぱこのことは普遍的な真理なの

だと思います。

 

偉そうに話してますが、私がすべて

できているという意味では全くあり

ません。できてないこといっぱいで

すし、日々トライアンドエラーの

繰り返しですが、

この方向性は間違っていないと思い

ます。

 

よかったらぜひ参考にしてください

ね。

 

お読みいただきありがとうございました。

堀 智行

 

■編集後記

新しい名刺を作ろうと思いまして

私は名刺に顔写真を入れているので

すが、今回の名刺に使う写真を

撮ってみたんですね。

 

自分ではだいぶ違う顔と思う3パタ

ーンを撮り、名刺の写真として一番

印象がよいのはどれだと思うか

4名のスタッフに聞いてみました。

 

毎朝zoomでミーティングをしてい

るのですが、その時に画面共有して

見てもらったんです。

 

そしたらまず出てきた意見が、

「3枚ともあまり変わらない」

でした。笑

自分としてはだいぶ表情が違うつも

りなのですが、人はそんなに気にし

てないものです。

 

で、次の意見をどんどん出してもら

おうと4人のスタッフの意見を待っ

たのですが、なぜかどうもぱっとし

た意見が出ないのです。

 

「うーん。まあ、・・・3番ですか

ね。。。」

みたいな煮え切らない答えばかり

なのです。

 

しばらくそんな時間が過ぎ、ふと気

づきました。

ひょっとして1枚もいいのがないの

では!?

 

恐る恐るそれを聞いてみると

うんうん、と一番みんながうなづく

ではありませんか!(爆)

 

やっぱそういうことだったのね。

どうもおかしいと思いました。

素人が履歴書に貼るためにとりあえ

ず急いで撮った写真みたいだと

言われました。

 

確かにな〜と納得です。

だって実際そうでしたから。笑

 

やっぱ手抜きはいけないなーと

思った瞬間でしたね。

自分ではいいかと思ったことでも

人からフィードバックをもらうこと

は大切ですね。

いい勉強になりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ブログには書けない記事もメルマガでは配信中!
堀 智行の【通販オートマ通信】登録フォームはこちら

<<登録特典>>
今なら『過去に実際に稼げた商品100リスト(5万円相当)を無料プレゼント!

※リストが古くなりすぎないように時々更新しています。
メルマガに登録するとダウンロードURLとパスワードが届きます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-