Amazon

相乗りのみから脱却するべき理由

こんばんは。堀 智行です。

Amazonでは昔は相乗り販売が

一般的でした。

もちろん今でも相乗りで稼ぐことは

できますが、同じ商品で継続して稼

ごうと思うと、相乗りだけでは

だんだん苦しくなっています。

 

そうは言っても、新規出品をやった

ことのない人は新規出品はハードル

が高いと感じて、ついつい相乗りを

続けて新規出品は先送りにしている

人もいらっしゃるかもしれません。

 

今日の記事では中国輸入を続けて

行くなら、できるだけ早く新規出品

のスキルを身につけるべき理由を

お伝えしようと思います。

 

本日のメインコンテンツ

■■相乗りのみから脱却するべき理由

はじめにお伝えしておきますが、

相乗り出品を完全否定するつもりは

ありません。

そもそも仕入れルートを確保するの

が難しく、かつ人気のある商品なら、

相乗りでも全然稼げます。

相乗りという手法がよくない訳では

ありません。

 

ただ、中国サイトとほぼ同じ画像で

出品されているようなノーブランド

のカタログで出品をするという

相乗り出品だと、だれでもかんたん

に仕入れと出品ができてしまうため

すぐにライバルが増えて価格崩壊を

起こすという繰り返しになります。

 

このことはもう何年も前から言われ

ていることなので、あなたも

よくご存知だと思います。

 

ただ、それでもこまめに商品を変更

していれば今でもそこそこ稼げて

しまうため、なかなか抜け出せない

人もいるようです。

 

でも、そのようなかんたんな相乗り

しかやっていないという人は本当に

そろそろ本腰を入れて新規出品に

チャレンジするべきです。

なぜなら価格崩壊してもまだ勝てる

という手強いライバルが存在してい

るからです。

 

それは誰かというと、、、

 

お分かりですよね。

そうです。

チャイナセラーです。

 

仕入れ価格や中国からの物流コスト

では我々はチャイナセラーには勝て

ません。

工場を味方につけてほぼ製造原価に

近い仕入れ価格の場合もありますの

で、価格競争になればかなわないの

は当然です。

 

チャイナセラーの数はこれからも

どんどん増えることが予想されます。

Amazonが積極的に中国人を誘致し

ているからです。

 

その状況でも戦いに勝つには、

中国人にとって苦手で、

我々日本人にとって得意なことで

勝負しなければなりません。

 

価格勝負なら中国人は得意です。

日本人は苦手です。

 

中国人には苦手で、

日本人には得意なことを

今は一生懸命に考えなければ

ならない状況です。

 

さて、その状況を踏まえて

改めて考えますが、

相乗りはどっちに入るでしょうか?

 

答えはかんたんですよね。

明らかに中国人が得意なことです!

 

相乗りは売る商品は同じなので、

勝負するところは基本的に価格しか

ありません。

少なくとも購入者からはそう見えま

す。

 

なので、それだけしかできないパタ

ーンでやっていると、チャイナセラ

ーに太刀打ちできなくなり、

日本市場から撤退せざるを得なく

なることでしょう。

これが1つ目の理由です。

 

そして、2つ目の理由ですが、

安売りではなく、中国人にはできな

いもっと別の価値を提供することが

これからますます必要になってきま

す。

値段が高くても欲しくなる。

そんな価値の高い商品を作ることが

必要で、そのためには新規出品で

オリジナル商品を作るスキルが必ず

必要となります。

 

日常的に日本人に商品を売っている

と当たり前になってつい忘れがちで

すが、日本の消費者は実は世界一

難しい客です。笑

 

・要求する品質レベルが異常に高い。

・安物であっても不良がないのが当た
り前だと思っている。

・商品だけでなく、おもてなしの
気持ちまで要求する。
(きれいなパッケージ等)

 

とまあ、世界的に見て理解不能と

言われても仕方ないレベルなのです。

 

海外旅行に行くと海外でのサービス

の大ざっぱさ、適当さをかなり感じ

てしまいますが、それは海外が

おかしいのではなく日本人の方が

特殊なのです。

 

でもそれはある意味ラッキーな

ことでもあります。

 

裏を返せばどういうことかと言うと

海外の人たちが日本人相手にサービ

スやものを売るのはとても苦労する

ということです。

 

彼らにとって日本人の要求は

理解不能なレベルなのですから。

 

これは日本を販路とする我々日本人

セラーにとっては明らかに強みです。

日本人の気持ちは日本人が一番よく

分かります。

 

日本人はどうすれば喜ぶか。

どんなことは嫌がるか。

 

それをよく理解できるのは我々日本

人の強みなのです。

相乗りではなく新規出品で独自のカ

タログを持てばカタログの編集は

基本自由なので、お客様の求めてい

る真のニーズを追求して、それを

反映させることが自由にできます。

 

中国人セラーの台頭がもっと激しく

なる前に、彼らには苦手で、日本人

には得意なことを発揮できる環境を

手に入れておくことが、これから

ますます重要になるでしょう。

 

参考にしてください。

 

お読みいただきありがとうございました。

堀 智行

 

■編集後記

先週の土曜日はオートマ通販生向け

セミナーでした。

某有名講師を招いてのセミナーだっ

たのですが、皆とても刺激を受けた

ようでした。

 

そこで教わったことを早速翌日には

実践しましたという報告がいく

つも寄せられました。

 

1期生の時もそうだったんですが、

大きな結果を出す人の特徴として

行動が早いというのがあります。

今度やろう。そのうちやろうと考え

ていると時間ばかりが過ぎていきま

すので、思い立ったらとりあえずす

ぐにやってしまう習慣が大切です。

 

そうすれば何らかの結果が出て、

それを改善してまた次につなげて、

どんどん上手くなります。

 

私がサラリーマンから起業して大き

く変わったことの一つはそれです。

慎重に慎重にやるよりも、下手でも

いいからやってみて、後から修正す

る。やりながら改善すると理論だけ

で考えているよりも断然うまくなり

ます。

 

先週はそのことをふと思い出しまし

た。

 

で、とりあえずやってみようで

最近やってみたのが、エアコンの

取り付けができない部屋への

冷風扇の設置。

 

前から冷たい風が出て、後ろから

温風が出るこの機械は排気ダクトを

取り付けできるので、これをうまく

利用すればクーラーになるだろうと

考えて、かなりDIYして取り付けて

見たのですが、何ということでしょ

う。

 

部屋がよけいに熱くなるではありま

せんか。苦笑

 

おかしいなあおかしいなあと

頭を抱えております。

出来上がった時はかなり得意げ

だったのですが、その気分も

束の間でした。

 

熱風は部屋の外に排気できているの

で涼しくなるはずなのですが、

不思議です。

何がいけないんでしょうね。

もう少しいろいろやってみます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ブログには書けない記事もメルマガでは配信中!
堀 智行の【在庫チェッカー通信】登録フォームはこちら

<<登録特典>>
今なら『過去に実際に稼げた商品100リスト(5万円相当)を無料プレゼント!

※リストが古くなりすぎないように時々更新しています。
メルマガに登録するとダウンロードURLとパスワードが届きます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-