Amazon

単純転売からOEMに移行する

こんばんは。堀 智行です。

1個単位で仕入れができる単純転売

から大量ロットで発注するOEMに

いきなりステップアップするのは

資金的にも精神的にもギャップが

あります。

 

もちろんそれができるならぜひチャ

レンジして欲しいのですが、急激な

ステップアップには心理的な抵抗を

感じる方もいらっしゃるのではない

でしょうか?

 

もしそうならその中間の段階を

経てからOEMに移行するのもよい

方法です。

今日は具体的な事例も紹介しながら

スムーズにOEMに移行できる方法

について書いてみようと思います。

 

■■お知らせ1

在庫チェッカーの新規募集キャンペ

ーン中ですが「早期申込」のプレゼ

ント期限が間もなく終了します。

(1つは終了、残り2つ)

 

有料級の非売品ツールが

2つもついてくるチャンスは

まれなので、どうせなら2つとも

手に入れてしまってください。

 

在庫チェッカーと2つの特典

を今すぐ見てみる

http://zaikochecker.jp/index_ho.php

 

■■お知らせ2

すでに在庫チェッカーを使ったこと

のあるユーザーさんは今すぐ次年度

更新をすれば、今回のプレゼント

ツールがすぐに全てもらえます。

(SEOサーベイももらえます!)

(早ければ即日)

 

次年度更新の方法を分かりやすく

動画にしていますので今すぐ更新

をして、申請フォームの入力を

して下さい。

 

【在庫チェッカー】早期に次年度更新する方法
https://www.youtube.com/watch?v=VNjJnJS2nC8&feature=youtu.be

更新後に行う申請フォームはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/893d6406567574

 

本日のメインコンテンツ

■■単純転売からOEMに移行する

オリジナルのロゴを入れたり素材や

サイズや色を変更したり、

既存の不満点を解消するよりよい

商品を開発してヒット商品を生み

出す。

 

OEMはそんなイメージだと思います。

 

ただ、発注ロットが大きいので、

単純転売から移行するのは急激な

ステップアップになることが多く

移行するのには躊躇してしまう

方もいることでしょう。

 

そういう場合はいきなりのステップ

アップをせずにその中間を通って

からOEMに移行するとよいです。

 

どういうことかというと、商品に

全く手を入れない単純転売でも

大量に売れる商品は意外とあります。

というか、そもそもオリジナルのロゴ

を入れたところで購入者からすれば

ノーブランド商品と変わりません。

有名ブランドではないですからね。

まずはそのことを認識しましょう。

 

だから購入者に喜ばれるものであれ

ば既製品でもOEM品でも価値に

違いはありません。

 

つまり消費者が求めている機能性、

デザイン性、価格帯があっていれば

既製品だろうがOEM品だろうが

消費者にとっては同じということ

です。

 

売り手の思い入れは全く違いますが

それはこっちの都合で購入者には

関係のないこと。

あくまでも購入者目線が大事です。

 

ノーブランドの既製品で魅力的な

ものを、その魅力が伝わるように

カタログを作り込んで大量に売れる

商品に育てます。

最初は少量から仕入れますが次第に

売れ始めて発注量を増やしていきま

す。

 

これだと発注数量という点でOEM

とのギャップが少なく移行しやすく

なります。

 

単純転売ですがよく売れているとい

う例を一つお見せします。

こちらのAmazonのカタログをご覧

ください。

https://www.amazon.co.jp/dp/B06X3VKHX6

 

今日の時点でスポーツ&アウトドア

で2,340位でした。小カテゴリでは

1位をとっています。

で、これと同じと思われる中国サイ

トの商品がこちらです。

https://item.taobao.com/item.htm?spm=a230r.1.14.318.44e71a24zTsIK8&id=558289922470&ns=1&abbucket=17#detail

 

1個19.8元。日本円で340円ほどなの

でそのままでも利益出ますし、

画像を見る限り特に手を加えている

こともなさそうなので単純転売と

思われます。

 

以前に在庫チェッカーで6日間チェッ

クした時の結果がこれです。

http://s-emotion.biz/image/tanjun_m.png

 

一番売れてる色では30日予想で

255個売れる予想となっています。

他のバリエーションも30日で

80個~150個は売れるペースです。

 

一番売れてる色の詳細画面はこちら

です。

http://s-emotion.biz/image/tanjun_s.png

リアルに在庫が減っていって

ます。

とてもいいペースで売れてますね。

 

これだけ売れてれば、大量に仕入れ

をするのも怖くないですね。

つまりOEMに移行しやすいです。

 

このように在庫チェッカーで事前

に需要を把握しておくと参入判断

が容易になります。

そしてポイントはここにそのまま

相乗りするのではなく、

あるいは全く同じものを新規カタ

ログにするということでもなく、

 

この商品を欲しがっている人が

もっと欲しがりそうな他の既製品を

探すということです。

 

ただ同じものを二番煎じするだけで

は先にやってるセラーに勝てません。

需要があることは確認できています

から同じ需要を満たすもっと魅力的

な商品をぶつけていくのです。

これなら絶対こっちの方がいいよと

思われるものを探します。

 

Amazonで需要のある商品を探すの

はかんたんです。ランキングが高く

自分が仕入れられそうな商品を

片っ端から在庫チェッカーに登録

してください。

さらにASIN Getterがあれば商品探

しは何十倍もはかどります。

(在庫チェッカーとASIN Getter

があればリサーチは最強です)

 

片っ端から登録すると言っても

何百個、何千個と登録するという

ことではなく、厳選しながら登録

するのがオススメです。

というのは、一定の条件にあてはま

る商品を機械的に選んで大量に出品

するという売り方では、

最近のAmazonでは戦うのは難しく

なっています。一つのカタログにか

ける力が分散するからです。

それよりも一つのカタログを作り込

んで強くしていくやり方でないと

通用しなくなってきているため、

 

リサーチ段階で本当によいものに

絞りこんでしまう方が効率的です。

 

今日はOEMにスムーズに移行する

方法について書きました。

少数から仕入れたい場合は既製品

であっても構いませんので、

オリジナルカタログを強くして

いきましょう。

既製品でも見せ方一つで魅力的に

見えるものです。

数量が出るようになってくれば

仕様変更に必要なロットの発注も

できるようになります。

 

まず必ずやらなければならないこと

はAmazonでの需要を正確につかむ

ことです。

在庫チェッカーを活用して正確に

需要を把握すればその先はいろんな

広がりが出てきます。

 

在庫チェッカー新規募集中

プレゼント2つがつくのは

間もなく終了!

http://zaikochecker.jp/index_ho.php

 

お読みいただきありがとうございました。

堀 智行

 

■編集後記

Amazonで売れるためには商品力の

他にレビューの効果がかなり影響

しています。

当然ながらいいレビューが多いと

よく売れ、悪いレビューが多いと

売れ行きが落ちます。

 

もっと正確に言うと商品がいいと

レビューもよくなるという関係が

あります。

 

そして、これをリサーチの段階でも

意識するのは大切なことです。

 

どういうことかといいますと、

よく売れている商品を見つけた時、

例えばレビューがあまりよくなかっ

たとしたら、商品のクオリティが

もっと高かったら今よりももっと

売れるだろうと考えられるわけです。

 

あるいはリサーチ時点で競合の

レビューが相当よいとすれば、

ライバルはかなり商品を作り込んで

いる、強いライバルだと判断できる

訳です。

 

今回のプレゼントツールである

「ライバルレビューチェックシート」

ではライバル商品の売れ行きと

レビューの関係が手に取るように

分かります。

 

わかりやすい説明はこちら
ライバルレビューチェックシートでできること
https://www.youtube.com/watch?v=WiBAwmKU0Ic&feature=youtu.be

 

こういう視点をリサーチ段階から

持っておくと仕入れ判断の精度が

上がることは当然です。

 

どのぐらいのクオリティの商品を

仕入れなければならないか。

そしてカタログのクオリティ。

自分が参入すべきカテゴリなのか

を実は事前にかなりリサーチでき

るのです。

これらのツールが揃っていれば

それがかなり容易になるのです。

 

時々初級者の方の悩みを聞いてみる

と、商品のクオリティを上げること

とか、競合分析が抜けていることが

よくあります。

売れるには売れる理由がありますが

そこまでリサーチできれば怖くあり

ません。

 

なのでリサーチではレビューも意識

することがオススメです。

プレゼントもすべて手に入れると売

れ行きと同時にレビューの状況も

ひと目で見れるようになります。

 

だからオススメしたいですし、

本音を言えばユーザーさんに結果を

出して欲しいからかなり工数かけて

作ったツールを今回は大サービスで

プレゼントにしています。

 

だからやる気のある方には

ぜひ受け取って欲しいんですよね。

 

在庫チェッカーと一緒に使うと

ホントに最強ですから。

今日中に申し込んでぜひ受け

取ってくださいね。

http://zaikochecker.jp/index_ho.php

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ブログには書けない記事もメルマガでは配信中!
堀 智行の【在庫チェッカー通信】登録フォームはこちら

<<登録特典>>
今なら『過去に実際に稼げた商品100リスト(5万円相当)を無料プレゼント!

※リストが古くなりすぎないように時々更新しています。
メルマガに登録するとダウンロードURLとパスワードが届きます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-